カテゴリー: 効果や効能

CBDグミはいつ食べる?日中はそうパクパクとは食べない方が良さそう

CBDグミはいつ食べる?日中はそうパクパクとは食べない方が良さそう

CBDグミは、WHOも認める安全性が高い製品です。

リキッドだと電子タバコで気化して摂取しなければならず、タバコが禁止されているような場だと周りが気になって使用できないので使用場所や時間は限られるでしょう。

一方でただのおやつのグミにしか見えないCBDグミはいつでもどこでも摂取可能、だからこそいつ食べるか考えて使用した方が良さそうです。

グミと違ってお値段はお高め、のべつくまなしで食べて良いものでは無いのです。

CBDグミと言えばリラックス効果を求めての摂取が多いでしょう。

毎日朝から晩まで仕事仕事、人間関係とかの悩みも多く常に緊張状態にある我々を救ってくれる存在です。

肩の力が入りすぎているからこそ本来の力が発揮できないなんて場合もあります。

余計な緊張で肩がこわばってしまっているのを感じた時、一粒だけ食べてみましょう。

身体の力が抜けてリラックス出来て、最高のパフォーマンスが臨めるはずです。

ただ必要以上のリラックス効果が出てしまうと、むしろ眠気が襲ってくるかもしれません。

何しろ睡眠薬代わりに摂取しているという方もいるほどです。

どこにでも持っていくことが出来るCBDグミ、オフィスの引き出しに入れているかもしれません。

ですが日中はそうパクパクとは食べない方が良さそう、ここぞという場面でのみ使用しましょう。

気が抜けて脱力した状態で仕事をしたところで能率が上がらず、更に残業時間が延びてストレスが溜まってしまいます。

おすすめは寝る前です。

ベッドに入る30分前くらいを基準に摂取してみてください。

ベッドの中でもあれこれ今日の事・明日の事と考えて目がさえていた方も、きっと自然に眠りへといざなわれるはずです。

10㎎程度と少量から試してみること、食べ過ぎるとお腹が緩んでしまってむしろ眠っていられなくなることもあります。

どれくらいが適量かは人それぞれ体型や体質により異なる為、少し食べて効果が得られなかったなら翌日にもう少し多めに食べてみる、ちょっとずつ適量を測るようにするのです。

ゆったりとリラックス出来て眠気が襲ってくるCBD、ドライブのお供にというのは絶対に避けなければならないでしょう。
運転中に眠くなったりしたら大変、そのまま永遠の眠りについてしまうこととなります。

高所での作業前とかも同じく危険です。

また、大量に摂取しすぎた場合に人によっては気分が悪くなることもあるのでしばらく慣れるまでは自宅にて試してみた方が良さそうです。

副作用がゼロとは言い切れない

副作用がゼロとは言い切れない

小さなお子さんがスーパーマーケットにて、お菓子を買ってもらえないからと床に転がって泣いて抗議している姿を見たことがあるという方もいるかもしれません。

そこまで感情を表には出さないものの大人だって欲しいと思っているものが手に入らなかった時に、がっかり感や怒り・くやしさ・失望感など気持ちに変化は出てくるでしょう。

ましてやCBDグミは、それを摂取していることで気持ちがリラックス出来て健康増進効果も得られていたのです。

売り切れなどの理由から手に入らなくなってがっかりするのは当然、でも日常生活に影響を及ぼすほどの強い失望感が出てきたり怒りがこみ上げて抑えきれなくなって人を刺してしまったりなんて状況に陥らないのであれば依存症になったとは言えません。

ごく当たり前の感情の変化、そういった意味でCBDグミに依存性は無い・というよりもかなり低いと捉えておけば良いでしょう。

むしろアルコールやカフェインの方がよっぽど危険です。

仕事のストレスをお酒やコーヒーで晴らそうとしている方、その習慣を考え直してはみませんか。

1杯2杯程度ならいいですが、毎日何杯も摂取しないと落ち着かないというなら立派に依存症です。

飲みたくなってイライラとしてきたときにCBDグミを一口食べてみましょう。

ちょっとは効果があるかもしれません。

何しろ依存性を引き起こすどころか症状を緩和してくれる作用がCBDにはあるのです。

ちなみにアルコールとどちらが依存リスクが高いかという研究も実際になされているのですが、ここで使われているのはTHCも含まれてのCBD製品なのです。

それでもアルコールが勝利、THC無しのものであれば更にその差は広がりそうです。

それ以上に依存性が強いのがニコチン、お医者さんと一緒に禁煙しようと禁煙外来も立ち上がっていますが当然かもしれません。

WHOでも安全性が高いとされているCBD製品、ただ副作用がゼロとは言い切れないのです。

眠気が出てきたり血圧が低下する・口元が乾くといった症状の報告例もあります。

異常な量の過剰摂取をすれば有害となることもあり、特に何らかの病気を抱えていたりその関連で常用している薬がある方は要注意です。

比較的毒性も低く危険度も少ないCBDグミですが、ただのお菓子のグミとは違う以上は用法用量を守って正しく使うことをきちんと心掛けた方が良さそうです。

また、世界を見渡せばTHCなど危険な成分が入ったCBDグミだって多数あり、それらを摂取してしまわないようにといった注意も必要です。

依存する?辞められなくなることはない

CBDグミは依存する?辞められなくなることはない

CBDグミはまるでお菓子のグミみたい、手軽に取り入れることが出来ます。

でも始めたは最後、辞められなくなって摂取を止めようとするたびにイラついたり暴力的になったりというのであれば恐ろしいです。

ニコチンにアルコールなど依存性を持つ成分は身近にあります。

そしてCBDの原材料であるヘンプから作られる危険薬物だって、依存性があるからこそ危険なのです。

それを利用して裏の世界の人間たちが大金を稼いでいます。

実際に依存症に苦しむ方の数はそれほど多くはないかもしれませんが、きっと日本人なら知識はばっちりあるでしょう。
だからこそ怖がっているのでしょうが、杞憂と言うものです。

だって危険薬物のTHCとCBDというのは全くの別物なのです。

有名なのはTHCにCBD、それ以外にもヘンプには100種類以上のカンナビノイドがあります。

CBDには依存性・中毒性を緩和する作用もあり、タバコから電子タバコでCBDリキッドを吸うといった方向へと持っていき禁煙に成功した方はたくさんいます。

危険どころかぜひおすすめしたい成分、誤った情報で怖がって遠ざけるのは勿体ないのです。

身体依存の可能性は無し、WHOもまた断言しているのです。

WHO・世界保健機構は全世界の人々の健康を守ることをも目的に活動しています。

実際にマウスを使って研究を行い、そういった症状は起こらないと化学的に証明しました。

全世界を広範に見ていった中でCBD単一の製品の依存症の症例報告は一件もなしということなので、信じて良いでしょう。

むしろカフェインの方が依存性は高いといった研究結果だって出されています。

毎日コーヒーを仕事の合間に飲むのが当たり前となっている方、それを辞めるのは結構大変だったかもしれません。

CBDグミ、いつもドンキホーテで買っているのに今日に限って売り切れていたという時に怒りがこみ上げてきてお店の人を思わず殴ってしまってなんてことは無いでしょう。

指が震えてきた・幻覚が見え始めたといった作用を感じる方もゼロ、残念だったなと思うだけで終わるのです。

失望感が発生するのは人として当然のこと、自身で制御不能なほどの喪失感や怒りがこみ上げてこない限りは依存性が出たとは言いません。

ただし、毎日のように大量に摂取しているのであれば、失望感もそれだけ強くなります。

実店舗よりも定期購入などを利用するようにすれば、売り切れといった事態は避けられます。

辞めようと思った場合には少しずつ量を減らしていくようにすること、心と身体を慣らしていけば喪失感に左右される心配は無いでしょう。